シミやそばかすにケア!塗るだけでは成分が届かない!?

シミケア

真夏の強い紫外線で傷んだ肌は、将来シミやそばかすの原因になることは良く知られています。

しかし、若いときは目立たないので、お肌のケアを真剣に考えることも少ないのかもしれません。

30歳台になって、シミが表面化するようになると、手入れを怠ってきたことに気づきます。

若いときは、皮膚のターンオーバーが正常に働いて、そのサイクルも短いですから、シミが目立つようなことはありません。

シミは、皮膚の下から湧き上がるようにして表皮へ出てきます。

このシミを作り出しているのが、表皮の一番深いところにあるメラノサイト(色素細胞)です。

ブライトピュア・メラノサイト

紫外線を浴びると、チロシナーゼという酵素のはたらきが活発になって、
メラノサイトにメラニンを生成するよう働きかけます。

このメラニンが皮膚の表面のケラチノサイトに受け継がれることで、
肌は黒く見えるようになりますが、最終的には皮膚のターンオーバーによって、はがれてしまいます。

しかし、メラニンが大量に作られ、さらにターンオーバーの乱れなどによって、はがれ落ちずにそのまま表皮に留まると、シミという形で残ります。

メラニンは、皮膚を外部刺激、特に紫外線から守るために必要な物質ですから、無いほうが良いというわけではありません。

メラニンが無ければ、皮膚は外部刺激から無防備な状態になって、ときには、怖い皮膚ガンになることも。

白色系人種に皮膚ガンが多いのは、メラニンで皮膚が守られていないからなんです。

しかし、女性にとっては、メラニンの働きよりも美容上の見た目が大切なこともあります。

もし、メラニンを皮膚に作らせないようにしようと思ったら、メラニンが出来ない環境で生活するしかありませんが、ずーっと、紫外線が当たらない部屋にこもって生活する、なんて現実的じゃないですよね。

健康な皮膚の状態であれば、いずれメラニンは外へ排出されますが、
年齢とともにその機能が衰えてきます。

さらに、生活習慣も大きく関係していて、ストレスやタバコなどが原因で、活性酸素が増えることで、メラニンが過剰に生成されることが分かっています。

いずれにしても、作られてしまったメラニンは、カラダの内側から外側へ移動して、最終的にカラダの外へ排出されるということになります。

特に気になる顔にできたシミですが、この顔のシミも、メカニズムは同じ。

年齢ともにターンオーバーのサイクルが長くなり、不規則になっていくことを考えると、そのまま放置しても、シミが小さくなっていくことは望めません。

ますます、広がっていくばかり。

カラダの外側からケアする方法としては、美容液や美白化粧品があります。
ラニンの排出を促したり、メラノサイトに働きかけてメラニンを作らせないようにする、あるいはメラニンを還元する成分を配合した美容液などですね。

でも、メラニンは皮膚の深くにある基底層のメラノサイトというところで作られていますから、この皮膚の奥深くまで有効成分を届けなければいけません。

美容液の成分によっては、ナノ化することで粒子を小さくして肌の深部まで届けるものがありますが、完璧とはいえません。

導入美顔器で、物理的あるいは電気的な作用によって美容成分を肌の奥まで浸透させるものがありますが、いずれにしても、肌の表面から成分を深部にとどけるのは大変!

最近発売になった美白クリームで、成分を確実に皮膚外側から深部へ送り届ける技術を開発したものがあります。

もともと、医療技術として開発されましたが、美容の分野で使われるのは珍しいかもしれません。

その方法は、注射器のように針を使って、有効成分を角質層の深部まで届けるというもの。

ブライトピュアインパッチ

結晶化したコラーゲンの針が500本もついているシートを、絆創膏のように、シミが目立つところにピンポイントで貼るのですが、痛みは、貼った瞬間だけで、10~20分も経つと、コラーゲンの針の先端が皮膚の水分によって溶け出し、まったく痛みを感じなくなります。

コラーゲンの針は、美白クリームの有効成分を皮膚の深部に送り届けると同時に、そのコラーゲンもまたお肌に働くことになります。

約5時間で、針は完全に消滅してしまうようです。

インスタにも、多くの女性からの投稿があり、その効果がわかります。

ブライトピュア ホワイトニングのセット商品ですが、お得なキャンペーン中! ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

マイクロニードルって効果ある?
マイクロニードルは、体内に薬剤を投与するために、先端に薬剤を含ませて、パッチ形に並べた極細の針のことです。 もともと、注射に変わる剤型として医療のために使われてきましたが、皮膚にはるだけで成分を吸収させることができるため、美容分野でも...

コメント